専門的な設備

ハードディスク

初期段階であれば取り戻せる可能性が高い

コンピューターに使用している記録媒体は基本的に消耗品なので、いずれは寿命が近付きます。その期間は数年から数十年と幅広く想定されますが、長く使い続けていくと内部のデータにアクセスできなくなる可能性が高くなっていきます。そのためバックアップを取っておく必要がありますが、トラブルはいつ起こるかわかりません。そしていざデータが使えなくなった時に、利用するのが復旧サービスです。記録媒体はたとえアクセスできなくなったとしても、初期段階ではデータそのものは復旧できる可能性が高いです。そこに別の方法を使用してアクセスしたり、故障している部分を修復するのが具体的なサービス内容です。基本的にデータそのものが優先されることが多いため、その場合は別の記録媒体に移した形で手渡されます。もちろん記録媒体そのものが修理できる可能性もありますが、データを復旧しなければならなくなった根本の原因次第では、そのまま使用を続けることにリスクが伴います。したがってデータそのものが大切という場合に利用するものと考えると良いでしょう。そんなデータ復旧サービスには、専門家だからこそ用意できる環境が整えられていることが多いです。小さなゴミでも大きな影響を与えかねない、HDD物理的な修復がその代表的な例で、大抵はクリーンルームを使用します。その他にもデータを取り出すための設備など色々ありますが、いずれも簡単に用意できるものではないため、全てを任せるのが一番手軽です。

Copyright© 2020 ノウハウを生かした作業を依頼することができる業者 All Rights Reserved.